ピエール瀧被告6月5日初公判「情状証人」は石野卓球なのか

公開日: 更新日:

 コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の罪で起訴された「電気グルーヴ」のメンバーで俳優のピエール瀧被告(52=本名・瀧正則)の初公判が、いよいよ6月5日に東京地裁で開かれる。

 瀧被告は起訴事実を全面的に認めているため、即日結審もありそうだ。

「初公判は、傍聴券を求めるマスコミと電気グルーヴのファンが列をなすことになりそうです。ただ、清原和博酒井法子の時みたいな驚異的な抽選倍率は考えにくい」(司法担当記者)

 2016年の清原の初公判時は20の一般傍聴席を求めて3769人が東京地裁に集結し、抽選倍率は約188倍に上った。14年のASKAの初公判の抽選倍率は約126倍。瀧被告の初公判も100倍に届くかが注目される。

 もうひとつの注目は、情状証人の存在だ。清原の初公判では“大魔神”こと親友の佐々木主浩が出廷した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る