井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキITジャーナリスト

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

上原多香子「母の日」騒動 夫は大暴れの揚げ句劇団を去る

公開日: 更新日:

 約2週間後、コウは脚本家、演出家として参加していた劇団からの退団を余儀なくされてしまう。その経緯はつまびらかではないが、コウ自身だけでなく劇団からも退団の発表と同時に「本人のSNSでの発言」について、「心よりお詫び申し上げます」と劇団が謝罪していることから、炎上騒動の影響が少なからずあったと推察される。なにしろ、劇団は今回の炎上にはまったく関係がないのだ。

 そもそも上原との結婚、出産について、「誰が何と言おうと、僕は妻と産まれてくる子供を守りたい」とつづっていたコウにすれば、妻と子が関係する炎上は「もしも家族に、他者からの攻撃が降りかかることがあれば全力で僕が盾になる」と宣言していた、まさにその事態そのものだったのかもしれない。

 しかし、勇ましく大見えを切って舞台に上がったものの、場のコントロールができないばかりか、事態収拾のシナリオを描くことすらできずにいる。感情的になって大暴れし、いたずらに状況を悪化させているだけで、「こちら側の正義や大義名分」がさっぱり伝わってこないので、周囲が助け舟を出すタイミングもまるで見えてこない。

 これでは脚本家としても演出家としても、舞台を任せるには不安があると、炎上での立ち居振る舞いを見て断じられた可能性もある。叱るべきは責め、謝るべきは頭を下げ、場を鎮めることができないのでは、それも仕方ない。(つづく)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    創価学会を除名された野原善正氏が明かす 長く閉ざされてきた選挙運動の壮絶実態

    創価学会を除名された野原善正氏が明かす 長く閉ざされてきた選挙運動の壮絶実態

  2. 2
    安倍前首相が過剰なまでに“高市氏肩入れ”…本当の狙いは自身の再々登板か

    安倍前首相が過剰なまでに“高市氏肩入れ”…本当の狙いは自身の再々登板か

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    森喜郎氏がラジオ出演で河野太郎氏“包囲網” チラつく09年自民党総裁選「腐ったリンゴ」の遺恨

    森喜郎氏がラジオ出演で河野太郎氏“包囲網” チラつく09年自民党総裁選「腐ったリンゴ」の遺恨

  5. 5
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

もっと見る

  1. 6
    高市早苗氏だけ「右翼の強硬派」と悪目立ち 海外メディアは新首相候補に期待ゼロ

    高市早苗氏だけ「右翼の強硬派」と悪目立ち 海外メディアは新首相候補に期待ゼロ

  2. 7
    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

  3. 8
    エンゼルス大谷は残り試合で「本塁打王」狙い専念がベター このままでは“あぶはち取らず”に

    エンゼルス大谷は残り試合で「本塁打王」狙い専念がベター このままでは“あぶはち取らず”に

  4. 9
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  5. 10
    阪神・矢野監督続投も…フロントが唯一気を揉む巨人との“ピリピリ6番勝負”

    阪神・矢野監督続投も…フロントが唯一気を揉む巨人との“ピリピリ6番勝負”