本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

芸能プロの数は野田が業界入りしたころに比べて100倍に

公開日: 更新日:

「ホウレンソウと僕らは呼んでましたけどね」

 昔も今も変わらないマネジャーの要諦がある。野菜の名前にひっかけた仕事上の極意である。

「“報告・連絡・相談”、略してホウレンソウ。ビジネス上の基本といわれてますよね。この3つが実践されてこそ、まともな仕事ができる」

 我らが巨乳マイスター野田義治は多くのスタッフとタレントを統括する立場にある。

 生存競争の激しいショービジネス界にあって、野田社長はスピードを求める。

 業界で“野田LINE”と呼ばれるほど野田のLINEの返信は素早い。ものの2、3分で返ってくる。車に乗り込み走りだす時間も、F1レーサークラスである。正確さはもとより、早さが大事なのである。

 半世紀にわたり芸能界で生きてきた野田義治だが、自身を取り巻く状況も変わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  7. 7

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  8. 8

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  9. 9

    借金はないが…今は資金もなく「静かに暮らす」日々

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る