本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

紅白3年出場 野田と同じく名物社長に育てられた「TWICE」

公開日: 更新日:

「芸能プロダクションは無から有をつくりだす仕事でバクチのような要素を持っているから、銀行だってなかなかお金を貸してくれませんよ」

 我らが巨乳マイスター野田義治が芸能プロダクションの置かれた厳しさを吐露する。

「きょう売れていないタレントでも、あすブレークする可能性がある。だからやり続けるしかない。大昔から娯楽は人々から必要とされてきたわけだし、うちみたいなところもまだ空いてる席があったわけです。でもいつ席がとられてしまうかわからない厳しさは常に感じてます」

 事務所維持費、新人のレッスン代、社員の給料。経営者でもある野田の肩にずっしりとのしかかる。

 スタート時、堀江しのぶ1人しかいなかった小規模な芸能プロダクションがここまでやってこられたのも、かとうれいこ、雛形あきこ山田まりやといった有望な新人が相次ぎデビューしたことと、優秀なスタッフがいればこそだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る