槇原敬之容疑者の覚醒剤所持逮捕 なぜ今のタイミングか?

公開日: 更新日:

 デビュー30周年という節目になぜまたという落胆と疑問はファンならずともぬぐえないところだ。

 歌手の槇原敬之容疑者(50)が13日、覚醒剤と危険ドラッグを所持したとして警視庁に逮捕された。槇原容疑者の所属事務所にも家宅捜索が入るなどしているが、槇原容疑者は現行犯逮捕ではなく、逮捕容疑は2年前の2018年4月11日に当時住んでいた東京・港区海岸のマンションの一室で覚醒剤0.083グラムを、同3月30日に同じ部屋で危険ドラッグのラッシュ約64.2ミリリットルを所持した疑い。尿検査の結果はこれから判明するが、なぜ逮捕まで2年もの時間を要したのか、その理由が気になるところだ。

 アトム市川船橋法律事務所・高橋裕樹弁護士はこう言う。

「約2年前の段階で薬物を確認して証拠としては十分に固めていながら今のタイミングで逮捕した理由が分かりません。警察としては覚醒剤の所持を否認しても確実に使用で処罰できるタイミングを計っていた可能性がありますが、容疑者を泳がせていて、いつでも逮捕できる状況にあったのは確かです」

 つまり槇原容疑者は警察にマークされたまま“泳がされていた”という見方もできるわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    京都から中国人が消えた…新型コロナで観光地正常化の皮肉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る