槇原敬之容疑者の覚醒剤所持逮捕 なぜ今のタイミングか?

公開日: 更新日:

 槇原容疑者は99年8月に同じ覚醒剤取締法違反で逮捕され「今後絶対にこのようなことを起こさないことを堅くお約束します」と書いた直筆ファクスをマスコミ各社に送付するなど更生を誓っていたが、やはり薬物の誘惑にはあらがえなかったのだろうか。ベテラン芸能記者の青山佳裕氏が言う。

「槇原容疑者については警察が内偵しているとの情報が昨年末からありました。最初の逮捕のとき、槇原容疑者は名古屋の繁華街までクスリを買いに行っていて、絶対にばれないように裏工作していたことが分かっています。それで大阪府警が内偵していたのが最初の逮捕劇。本人に悪いことをしているという認識があったということでしょう。法廷でお父さんが涙ながらに情状酌量を訴えるなどしてくれたから、執行猶予3年(懲役1年6月)の判決になったというのに、また同じ過ちを犯すとは、開いた口がふさがらない。それだけ薬物は怖いということかもしれません」

 槇原容疑者は今年歌手生活30周年。公式ホームページに特設サイトを立ち上げ、夏のベストアルバム発売や秋冬ツアーをPRしたり、精力的に活動していた。その裏でドラッグにまた手を染めていたとすれば一度は許してくれたファンを裏切る大罪と言わざるを得ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る