亀梨和也“サイコパスっぽい演技”で評価急上昇 2022年「正体」がNetflixでトップの快挙

公開日: 更新日:

 KAT-TUN亀梨和也(37)の演技が思わぬ形で評価されている。2022年にWOWOWで放送され、亀梨が死刑判決を受けた脱獄犯役で主演を務めた連続ドラマW「正体」が、Netflixでの配信2週目の集計(4月1日~4月7日)で第1位に躍り出たのだ。

 亀梨は現在放送中の石原さとみ(37)の主演ドラマ「Destiny」(テレビ朝日系)でメインキャストを務めている。同ドラマはテレビ朝日のゴールデン・プライム帯の番組で見逃し配信再生数が最速で200万回を突破しただけでなく、Netflixでも15日正午時点の「今日のシリーズTOP10」日本1位にランクイン。台湾、香港、韓国、シンガポールでもトップ10入りするなど、アジア圏でも人気を博している。

 亀梨といえば、前期放送のドラマ「大奥」(フジテレビ系)で将軍・徳川家治を演じたが、時代劇にそぐわない体型や顔立ちだけでなく、冷たい声色を表現するために低い声でボソボソと話す場面を理由に、「大奥」での演技を評価する声は多くはなかった。

「亀梨さんはどこか闇を抱え、歪んだ部分がある役やサイコパス役には元々定評がある。そういう役にハマった時に出る独特の色気は、俳優としての武器だし、旧ジャニーズの中では、サイコパスを演じられる稀有な存在と言っていいでしょう。『大奥』でも感情の起伏を表に出さない役だからこそ、目の細やかな芝居などをしていた印象でしたが、やはり松平定信を演じたSnowMan・宮舘涼太さんの、時代劇に適した所作と演技や発声の仕方や、感情を爆発させるシーンの迫力の影に隠れてしまったようです」(ドラマ制作会社関係者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方