著者のコラム一覧
東丸貴信東邦大学名誉教授、平成横浜病院健診センター長

東京大学医学部卒。東邦大学医療センター佐倉病院臨床生理・循環器センター教授、日赤医療センター循環器科部長などを歴任。血管内治療学会理事、心臓血管内視鏡学会理事、成人病学会理事、脈管学会評議員、世界心臓病会議部会長。日本循環器学会認定専門医、日本内科学会認定・指導医、日本脈管学会専門医、心臓血管内視鏡学会専門医。

毎日2000億個造られる赤血球の寿命は120日 最後はどうなる

公開日: 更新日:

 私たちの赤い血液はどこで造られるのでしょうか。

 生まれたときは、肝臓や脾臓で造られますが、だいたい胎生5カ月ごろになると、これらの血液を造る組織は順次萎縮してきます。

 その後、出産するまでは造血の場所が大人の造血器官である骨髄に移ります。 骨の中にある海綿体上の骨髄は、まさに「血液の工場」と言ってよいでしょう。

 随時造られている血液のもとである造血幹細胞は、造血因子(細胞から分泌されるタンパク質の一種)に働きかけられ、分裂による増殖を繰り返しながら分化し成熟していきます。

 出来上がった血液細胞のひとつが血液の97%を占める「赤血球」です。どのような形をしているかというと、直径が7・5マイクロメートルで厚さが約1~2マイクロメートルの中央がややへこんだ円盤状で、その体積の3分の1は「ヘモグロビン」(酸素の運搬を担う複合タンパク質)が占めています。ただし赤血球は、白血球のような普通の細胞が持つ細胞核やミトコンドリア(エネルギーを作る細胞小器官)を持ちません。標準的な体格の成人なら毎日、骨髄で2000億個弱の赤血球が造られています。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変