マラソン大会ラッシュにPM2.5襲来 出場者が脅える「生殖能力に影響」のリスク

公開日:  更新日:

 千葉で4日、ついに高濃度のPM2.5が測定され、首都圏で初めて注意喚起が出された。

「11月の1カ月は日本に大量のPM2.5が飛来する」という大気化学専門家の指摘通りになりそうだが、実は11月はマラソン大会が多い月。秋晴れの下、いい汗がかけると練習に励むランナーは、“決死の覚悟”で走ることになりかねない。

 マラソンは有酸素運動。体内に酸素を取り込んで循環機能を上げていく。PM2.5も肺の奥深くまで取り込んでしまうのは誰でも分かることだ。体にいいわけがない。スポーツジャーナリストの織田淳太郎氏がこう言う。

「10月上旬に北京で開催された米女子プロゴルフツアーは、深刻な大気汚染でスタート時間が2日連続で遅れ、選手はマスクを着けてコースを回りました。10月20日に行われた北京マラソンでは、快晴だったにもかかわらず、多くのランナーが防塵マスクを着用して北京市内を駆け抜けました。大会3週間前に、PM2.5による大気汚染レベルが最悪の数値にまで上昇したため、さすがの中国人ランナーも心配したからです。日本人も11月にレースに出るなら、マスクを着用するなどの対策を講じるほうがいいでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る