この冬の大寒波 死傷者500人「38豪雪」再来説も

公開日: 更新日:

 11日、東京に昨年より7日早く「木枯らし1号」が吹いた。この日は北海道に真冬並みの寒気が入り、道内各地で積雪。関東各地も氷点下となった。その後も連日冷え込み、東北各地で大雪となっている。

 ほんの1カ月前、10月12日には、都心で最高気温が31.3度まで上がり、1875年の観測以来、最も遅い真夏日を更新したばかり。あまりの急変ぶりに驚いた人も多いだろう。

 猛暑から一転、恐ろしいことに、今年は殺人的な寒波が襲ってきそうなのだ。死傷者500人以上を出した、1963年の「38豪雪」の再来を危惧する学者もいる。
「今年は極東、アメリカ東部、ヨーロッパ中央部の3カ所に寒気が落ちる『3波型』の寒波が予想されます。4波型、5波型のように分散されないため、寒くなる。1963年、71年の豪雪も、この『3波型』が原因でした」(気象予報士)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る