• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「男ならしっかりしろ!」もアウト…セクハラ新指針の仰天

 中高年サラリーマンには、頭の痛い問題がまたひとつ、増えそうだ。
 厚生労働省が、セクシュアルハラスメントの対策を強化する。男女雇用機会均等法の指針や施行規則を見直し、同性間の嫌がらせや、結婚や出産を理由に企業が一般職から総合職への職種転換を拒むことを禁止する。実施は来年7月からの予定だが、指針などを今年中に見直すという。

 これだけ読めば、「まあ、そうだろうなぁ」と納得だが、実は中身を知れば、天を仰がざるを得ない。

 今回の見直しには、女性上司が女性の部下に「結婚はまだなの?」「子供は?」などと尋ねたりすることがセクハラだと明示される。それに加えて、男性上司が部下に「性別役割分担意識」に基づいた発言をするのも、セクハラになるのだ。

「性別役割分担意識」とは平たく言えば、男性上司が部下に「男ならしっかりしろ」「男のくせに」などと言うのは、NGになるということ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る