「男ならしっかりしろ!」もアウト…セクハラ新指針の仰天

公開日:  更新日:

 中高年サラリーマンには、頭の痛い問題がまたひとつ、増えそうだ。
 厚生労働省が、セクシュアルハラスメントの対策を強化する。男女雇用機会均等法の指針や施行規則を見直し、同性間の嫌がらせや、結婚や出産を理由に企業が一般職から総合職への職種転換を拒むことを禁止する。実施は来年7月からの予定だが、指針などを今年中に見直すという。

 これだけ読めば、「まあ、そうだろうなぁ」と納得だが、実は中身を知れば、天を仰がざるを得ない。

 今回の見直しには、女性上司が女性の部下に「結婚はまだなの?」「子供は?」などと尋ねたりすることがセクハラだと明示される。それに加えて、男性上司が部下に「性別役割分担意識」に基づいた発言をするのも、セクハラになるのだ。

「性別役割分担意識」とは平たく言えば、男性上司が部下に「男ならしっかりしろ」「男のくせに」などと言うのは、NGになるということ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る