“ワケ待ち”もある! お得感タップリの正月「取り寄せグルメ」

公開日: 更新日:

「ウチはおせち料理も“取り寄せ”です。来年の分は注文済み。流通が発達して鮮度はいいし、お得感もある。何より全国の旬のオイシイものが、パソコンや電話一本で手に入るんですから、お正月のごちそう選びに利用しない手はありません」

 興奮気味にこう言うのは、日刊ゲンダイ本紙で「残したい日本の食遺産」を連載中のフードジャーナリスト・嶺上旭さん。食品だけで「毎月2~3回は取り寄せます」といういれ込みようだ。

 正月料理を普段と同じスーパーの食材で済ませるのは、言われてみれば味気ない。ネットで「取り寄せ」をキーワードに検索してみると、あるわあるわ。富山のブリしゃぶ、北海道のカニ、松阪牛に九州の人気店のラーメン、フグ鍋……。派手な写真入りで、どれもこれもうまそうだ。

 各社のHPには規格外のふぞろいのカニや端っこのバウムクーヘンなどを格安で販売する「訳あり商品」や、訳あり商品を早期予約する「訳待ち商品」などの特設コーナーも登場。お得感はグ~ンとアップしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  4. 4

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  5. 5

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  6. 6

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  7. 7

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    名物司会者の大木凡人さんは今 大動脈解離で九死に一生

  10. 10

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

もっと見る