インフル対策から脳年齢まで 「無料健康アプリ」活用術

公開日:  更新日:

 いまや、“何でもできる”といっていいほど数も種類も充実しているスマホのアプリ。健康管理もお手のものだ。常に持ち歩いている物だけに、いつでも好きな時にピピッとやれる手軽さも人気の一因。無料で使える40~50代向きの「健康系アプリ」を探した――。

■健康管理

◇「ヘルスプラネット」…タニタの健康測定機器で計測した体組成などの情報をスマホに自動転送。外出先でチェックしたり、提携する健康管理WEBサイトと連動させることで、楽しみながら健康管理ができる。

◇「ヘルスプレイヤー」…持ち歩くだけで“体の揺れ”から運動強度を計算し、自動的に消費カロリーを算出。いわば、高性能な万歩計だ。さらに、対応の体組成計や血圧計があれば、データを転送、記録管理できる。

◇「Noom ダイエットコーチ」…ニューヨークのベンチャー企業が開発。世界で累計1800万ダウンロードを誇る人気ダイエット&ウオーキングアプリが日本上陸。毎日の食事と運動のデータから、それぞれに適した生活習慣、食習慣の改善をコーチングしてくれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る