ダスキン社員の“裏ワザ” これで大掃除もラクラク

公開日:  更新日:

 清掃用具レンタルやクリーンサービス事業を手がける「ダスキン」。同社クリーンケアグループ副主事の世良博文さんは、ハウスクリーニング歴20年以上の、まさに掃除のプロ。年末の大掃除は近い。世良さんに裏ワザを聞いた――。

■カビを根こそぎ湿布法

「風呂場のカビ、コンロや換気扇の油汚れは、主婦が最も嫌がる場所。すなわち、年末にお父さんが掃除させられる場所です。ピカピカにすれば株も上がりますよ」

 まずは風呂場。盲点がシャワーホースの裏側だ。目につきにくく、ホース表面には大概凹凸があるので、そこにカビが根を張る場合が多い。

「こういう場合は“湿布法”です。漂白剤をかけたら台所用ラップで包み、10~15分放置するのです。こうすると液剤が蒸発せずにしっかり染み込み、カビや汚れを根こそぎ落としてくれます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る