ダスキン社員の“裏ワザ” これで大掃除もラクラク

公開日: 更新日:

 清掃用具レンタルやクリーンサービス事業を手がける「ダスキン」。同社クリーンケアグループ副主事の世良博文さんは、ハウスクリーニング歴20年以上の、まさに掃除のプロ。年末の大掃除は近い。世良さんに裏ワザを聞いた――。

■カビを根こそぎ湿布法

「風呂場のカビ、コンロや換気扇の油汚れは、主婦が最も嫌がる場所。すなわち、年末にお父さんが掃除させられる場所です。ピカピカにすれば株も上がりますよ」

 まずは風呂場。盲点がシャワーホースの裏側だ。目につきにくく、ホース表面には大概凹凸があるので、そこにカビが根を張る場合が多い。

「こういう場合は“湿布法”です。漂白剤をかけたら台所用ラップで包み、10~15分放置するのです。こうすると液剤が蒸発せずにしっかり染み込み、カビや汚れを根こそぎ落としてくれます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  3. 3

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  6. 6

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る