永谷園の社員が直伝 「松茸の味お吸いもの」裏ワザレシピ

公開日: 更新日:

「お茶づけ海苔」でお馴染みの永谷園。そしてもうひとつ、「松茸の味お吸いもの」は、1964年、東京オリンピック開催の年に発売されて以来のロングセラー商品だ。近ごろは、テレビCMの効果もあって、調味料として活用する主婦や独身サラリーマンが増えている。

■2分で炊き込みご飯!

「本物の松茸こそ使っていませんが、カツオ節でしっかりダシをとってあるので、例えばゆでたてのパスタやうどんとまぜるだけで本格的な味に。そうしたアレンジレシピを私も日々考えているのですが、今一番のオススメは、『きのこのまぜ込みご飯』です」

 こう言うのは、同社広報室の萩尾安希奈さん(写真)。

「作り方は簡単。石突きを取った生のシメジと油揚げを電子レンジで1分加熱し、熱々のご飯と『松茸の味お吸いもの』1袋を一緒にまぜるだけ。あれば三つ葉を散らせば、たった2分で本格的な炊き込みご飯風の出来上がり!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  5. 5

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  6. 6

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  10. 10

    渡部建は“針のむしろ”状態…義母を含め家族で自宅に籠城中

もっと見る