“大掃除”もとい“すす払い”の鉄則「ポリスリサーチメソッド」

公開日:  更新日:

 今週末あたり、「大掃除くらい手伝うか」と、“点数稼ぎ”を狙っているお父さんも多いのでは? しかし、普段の掃除はカミさん任せ。どこをどうやったらいいかサッパリ分からない……。

 そこで、「目からウロコのお掃除の裏ワザ」(PHP研究所)など著書多数、家事サポートサービス「フラオ グルッペ」代表でもある生活評論家・沖幸子氏のお知恵を拝借。
「俳句では、“大掃除”は春の季語。同様に暮れに行う大がかりな掃除は“すす払い”と言います。キレイ好きな主婦でもすす払いとなると手を焼く場所があります。それは<体力が必要><高くて手が届かない><汚れがひどい>の3つ。

 掃除をする順番は、アメリカでは『ポリスリサーチメソッド(警察の調査手法)』と言われています。これは事件が起きて警察官が現場に駆け付けたとき、その視線は<上(天井)から中(壁)から下(床)へ>が鉄則だからです。掃除もこの順番で行うとスムーズにいきます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る