“大掃除”もとい“すす払い”の鉄則「ポリスリサーチメソッド」

公開日: 更新日:

 今週末あたり、「大掃除くらい手伝うか」と、“点数稼ぎ”を狙っているお父さんも多いのでは? しかし、普段の掃除はカミさん任せ。どこをどうやったらいいかサッパリ分からない……。

 そこで、「目からウロコのお掃除の裏ワザ」(PHP研究所)など著書多数、家事サポートサービス「フラオ グルッペ」代表でもある生活評論家・沖幸子氏のお知恵を拝借。
「俳句では、“大掃除”は春の季語。同様に暮れに行う大がかりな掃除は“すす払い”と言います。キレイ好きな主婦でもすす払いとなると手を焼く場所があります。それは<体力が必要><高くて手が届かない><汚れがひどい>の3つ。

 掃除をする順番は、アメリカでは『ポリスリサーチメソッド(警察の調査手法)』と言われています。これは事件が起きて警察官が現場に駆け付けたとき、その視線は<上(天井)から中(壁)から下(床)へ>が鉄則だからです。掃除もこの順番で行うとスムーズにいきます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る