「濡れオシボリは厳禁です」白洋舎社員直伝のシミ汚れ対処法

公開日: 更新日:

 居酒屋で会社の同僚たちと飲みニケーション。話が盛り上がり、つい弾みで刺し身の醤油をビチャッ! あら大変。隣のOLが濡れたオシボリでトントン……。よくある光景だが――。

「この行為はNG。シミがとれるどころか、オシボリの水分で、かえって広がる可能性があります」
 こう言うのは、クリーニング大手「白洋舎」の谷村一美さんだ。

「正しくは、まず乾いたティッシュで布を表裏両側から挟み、押し付けるようにして、シミ汚れをティッシュに移します。この時、決してこすってはいけません。布を傷める危険があります」

 ティッシュに汚れが移らなくなったら、初めて水で濡らしてトントン。ただし、水洗いできる衣類に限る。

「スーツやネクタイなどは、濡らすとシワになる場合があります。また、シミは時間が経つほど酸素と結合して落ちにくくなりますから、乾いたティッシュで汚れをとったら、なるべく早くクリーニングに出して下さい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る