「濡れオシボリは厳禁です」白洋舎社員直伝のシミ汚れ対処法

公開日: 更新日:

 居酒屋で会社の同僚たちと飲みニケーション。話が盛り上がり、つい弾みで刺し身の醤油をビチャッ! あら大変。隣のOLが濡れたオシボリでトントン……。よくある光景だが――。

「この行為はNG。シミがとれるどころか、オシボリの水分で、かえって広がる可能性があります」
 こう言うのは、クリーニング大手「白洋舎」の谷村一美さんだ。

「正しくは、まず乾いたティッシュで布を表裏両側から挟み、押し付けるようにして、シミ汚れをティッシュに移します。この時、決してこすってはいけません。布を傷める危険があります」

 ティッシュに汚れが移らなくなったら、初めて水で濡らしてトントン。ただし、水洗いできる衣類に限る。

「スーツやネクタイなどは、濡らすとシワになる場合があります。また、シミは時間が経つほど酸素と結合して落ちにくくなりますから、乾いたティッシュで汚れをとったら、なるべく早くクリーニングに出して下さい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る