「濡れオシボリは厳禁です」白洋舎社員直伝のシミ汚れ対処法

公開日:  更新日:

 居酒屋で会社の同僚たちと飲みニケーション。話が盛り上がり、つい弾みで刺し身の醤油をビチャッ! あら大変。隣のOLが濡れたオシボリでトントン……。よくある光景だが――。

「この行為はNG。シミがとれるどころか、オシボリの水分で、かえって広がる可能性があります」
 こう言うのは、クリーニング大手「白洋舎」の谷村一美さんだ。

「正しくは、まず乾いたティッシュで布を表裏両側から挟み、押し付けるようにして、シミ汚れをティッシュに移します。この時、決してこすってはいけません。布を傷める危険があります」

 ティッシュに汚れが移らなくなったら、初めて水で濡らしてトントン。ただし、水洗いできる衣類に限る。

「スーツやネクタイなどは、濡らすとシワになる場合があります。また、シミは時間が経つほど酸素と結合して落ちにくくなりますから、乾いたティッシュで汚れをとったら、なるべく早くクリーニングに出して下さい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る