社員だけが知る 「ピップエレキバン」貼り方の“裏ワザ”初公開

公開日: 更新日:

 肩こり、腰痛で悩むサラリーマンは、一度はお世話になった経験があるはず。凝った部分に手軽にペタリ……ピップエレキバンだ。この9月に商品をリニューアル、絆創膏の通気性が一段と良くなった。そして今月、待望の「社員の貼り方レシピ」が公開された。

■全社員に一斉メール…200人近くから返信

「この秋、発売41年目にして初めて、社員から集めた“貼り方レシピ”をまとめました。私たちピップの社員はこんな貼り方をしていますという、それぞれの実例集です。40周年を迎えた去年の9月、派遣の方も含めた約1000人の社員に、開発本部長でもある副社長名で『みなさんのいい貼り方を教えて下さい』と一斉メール。1カ月ほどで200人弱から返信がありました。貼る場所も違えば数も違う。いろいろなサンプルが集まりました。ユニークな貼り方をしている社員には、直接会ってA4サイズの記入シートを使い、貼る位置や数を詳細に聞き取りしました。その中から私を含め18人分をイラスト入りでまとめたのが、この冊子です。10月終わりに完成し、11月11日の磁気の日に全社員に配布しました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  7. 7

    何があったのか…嵐「活動休止」櫻井翔の“予告”と複雑背景

  8. 8

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  9. 9

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  10. 10

    「こりゃめでてーな」伊藤こう大が語る“破滅的”貧乏生活

もっと見る