社員だけが知る 「ピップエレキバン」貼り方の“裏ワザ”初公開

公開日:  更新日:

 肩こり、腰痛で悩むサラリーマンは、一度はお世話になった経験があるはず。凝った部分に手軽にペタリ……ピップエレキバンだ。この9月に商品をリニューアル、絆創膏の通気性が一段と良くなった。そして今月、待望の「社員の貼り方レシピ」が公開された。

■全社員に一斉メール…200人近くから返信

「この秋、発売41年目にして初めて、社員から集めた“貼り方レシピ”をまとめました。私たちピップの社員はこんな貼り方をしていますという、それぞれの実例集です。40周年を迎えた去年の9月、派遣の方も含めた約1000人の社員に、開発本部長でもある副社長名で『みなさんのいい貼り方を教えて下さい』と一斉メール。1カ月ほどで200人弱から返信がありました。貼る場所も違えば数も違う。いろいろなサンプルが集まりました。ユニークな貼り方をしている社員には、直接会ってA4サイズの記入シートを使い、貼る位置や数を詳細に聞き取りしました。その中から私を含め18人分をイラスト入りでまとめたのが、この冊子です。10月終わりに完成し、11月11日の磁気の日に全社員に配布しました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る