社会問題「70歳貧乏」を回避 “高待遇職場”はこう探す

公開日: 更新日:

 大きな社会問題となっている「70歳貧乏」――。70歳になると貯金も底を突き、困窮する高齢者が増えているのだ。

「70歳貧乏」を回避するカギは、65歳以降も職を見つけ安定した収入を確保することだ。意外にも、高齢者の働き口は増えている。「福岡県70歳現役応援センター」の担当者はこう言う。

「定年後の再就職は、有資格者とその他に分かれます。土木施工など有資格者の場合、月に20万~40万円もらえるケースもあります。資格がない人は、時給700~800円の『ビル管理』『警備員』『倉庫作業員』が主な職種になるでしょう」

 60歳の定年を機に思いきって海外に働きに行くことを考えてもいい。年収1000万円以上を対象にした転職サイト「ビズリーチ」によると、新興国では、日本でリタイアした技術者を高待遇で雇うケースが増えているというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  3. 3

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  4. 4

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  5. 5

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  6. 6

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  7. 7

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  8. 8

    別居中の杉良太郎を直撃 帰り際「俺はつぶれないから」

  9. 9

    櫻井翔は見えない五輪後にヤキモキ…電通社員の実弟は入籍

  10. 10

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

もっと見る