泥まみれ日用品に“家族の歴史”…災害ボランティア体験記

公開日: 更新日:

 10月の台風26号による大規模な土石流で、約300戸が被害を受けた伊豆大島。12月半ば、がれきの島外撤去が始まった。その大島町で11月のある週末、中学3年の息子と一緒に災害ボランティアを体験した。

■観光客はほぼゼロ…

 伊豆大島は竹芝桟橋から夜に出発して翌朝到着の大型フェリーで約8時間(片道約5000円)、高速ジェット船なら2時間弱(同約7000円)だ。
 行きのフェリーはほぼ満席だが、観光客が戻ってきたわけではない。
「観光客はほぼゼロ。週末のフェリーに乗っているのは、ほとんどボランティアか釣り客です」(地元レンタカー業者)

 まだ暗い朝6時すぎ、大島の港に着岸。下船が済んだ頃に辺りが明るくなり、海の向こうには見事な富士山が見えた。
 ボランティアの集合は8時半。地元社会福祉協議会の事務所前には、200人以上が集まった。若者から30~40代が中心だが、中高年もちらほら。女子大生や外国人もいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る