日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カップルで夫婦で…冬景色を楽しむ絶景露天7選

 温泉が恋しい季節。せっかく行くなら、景色のいい露天風呂で、身も心もリフレッシュしたい。ぬくもりが恋しい冬はカミサンや彼女と2人きりがいい。今週は、全国の数ある絶景温泉から、“冬景色を楽しむ”をテーマに、今年こそ出かけてみたい露天風呂を選んだ――。

■心静まる渓谷の雪景色

 東京から最も近い山あいの絶景風呂といえば、群馬県みなかみ町の「宝川温泉 汪泉閣」((電話)0278・75・2611=1万450円~)だろう。宝川沿いにポツンとある一軒宿で、いかにも秘湯という風情がいい。川に面した大小4つの露天風呂は、計470畳の広さ。荘厳な渓谷の雪景色は露天風呂の東の横綱の称号にふさわしい。日帰り入浴可。

 長野県木島平にある「馬曲(まぐせ)温泉 望郷の湯」((電話)0269・82・4028=入浴料500円)は、目前の高社山(こうしゃさん)から飯山平、さらには北アルプスを一望できる絶景露天が自慢の日帰り入浴施設。たった500円でこの眺めは、お値打ち。泊まりたければ素泊まり宿が隣接する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事