カップルで夫婦で…冬景色を楽しむ絶景露天7選

公開日:  更新日:

 温泉が恋しい季節。せっかく行くなら、景色のいい露天風呂で、身も心もリフレッシュしたい。ぬくもりが恋しい冬はカミサンや彼女と2人きりがいい。今週は、全国の数ある絶景温泉から、“冬景色を楽しむ”をテーマに、今年こそ出かけてみたい露天風呂を選んだ――。

■心静まる渓谷の雪景色

 東京から最も近い山あいの絶景風呂といえば、群馬県みなかみ町の「宝川温泉 汪泉閣」((電話)0278・75・2611=1万450円~)だろう。宝川沿いにポツンとある一軒宿で、いかにも秘湯という風情がいい。川に面した大小4つの露天風呂は、計470畳の広さ。荘厳な渓谷の雪景色は露天風呂の東の横綱の称号にふさわしい。日帰り入浴可。

 長野県木島平にある「馬曲(まぐせ)温泉 望郷の湯」((電話)0269・82・4028=入浴料500円)は、目前の高社山(こうしゃさん)から飯山平、さらには北アルプスを一望できる絶景露天が自慢の日帰り入浴施設。たった500円でこの眺めは、お値打ち。泊まりたければ素泊まり宿が隣接する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る