• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カップルで夫婦で…冬景色を楽しむ絶景露天7選

 温泉が恋しい季節。せっかく行くなら、景色のいい露天風呂で、身も心もリフレッシュしたい。ぬくもりが恋しい冬はカミサンや彼女と2人きりがいい。今週は、全国の数ある絶景温泉から、“冬景色を楽しむ”をテーマに、今年こそ出かけてみたい露天風呂を選んだ――。

■心静まる渓谷の雪景色

 東京から最も近い山あいの絶景風呂といえば、群馬県みなかみ町の「宝川温泉 汪泉閣」((電話)0278・75・2611=1万450円~)だろう。宝川沿いにポツンとある一軒宿で、いかにも秘湯という風情がいい。川に面した大小4つの露天風呂は、計470畳の広さ。荘厳な渓谷の雪景色は露天風呂の東の横綱の称号にふさわしい。日帰り入浴可。

 長野県木島平にある「馬曲(まぐせ)温泉 望郷の湯」((電話)0269・82・4028=入浴料500円)は、目前の高社山(こうしゃさん)から飯山平、さらには北アルプスを一望できる絶景露天が自慢の日帰り入浴施設。たった500円でこの眺めは、お値打ち。泊まりたければ素泊まり宿が隣接する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る