搭乗100回超の有名旅行作家「LCCは大いに活用すべし」

公開日: 更新日:

 欧米に遅れて約20年、東南アジアに遅れて約10年、日本でもLCCの運航が始まりました。航空運賃は燃料費、人件費、経費でほぼ決まるのですが、LCCは徹底した経費削減で航空運賃の低価格を実現しています。

 LCC未経験者が気にされるのは「安全性」「遅延」「座席が狭い」「預ける荷物が有料」などでしょう。安全性に関しては、「1回落ちたら(会社が)つぶれる」という話もあるほど、各LCCは神経質になっています。大手航空会社と安全性で差はありません。実際、世界初のLCC「サウスウエスト」はこれまで無事故です。

 遅延は、気象災害の影響を除いて、今はほとんどない。LCCの搭乗が100回を優に超える僕でも、最近はあまり経験ありません。座席は確かに狭いですが、台湾や韓国など週末旅行で行く場所なら数時間のことですから、機内食サービスがないことも含めて、気にならないと思いますよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  4. 4

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  5. 5

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  6. 6

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  7. 7

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    名物司会者の大木凡人さんは今 大動脈解離で九死に一生

  10. 10

    軟弱地盤も…不動産高価格の東京都心・西側に浸水の可能性

もっと見る