房総沖に赤信号 過去最短間隔で「スロー地震」発生 

公開日:  更新日:

 千葉房総半島沖に異変だ。国土地理院は、今月2日ごろから10日にかけ、プレート同士がゆっくり動いてズレる「スロースリップ(スロー地震)」と呼ばれる現象が発生したと発表した。

 スロー地震の直後には大地震が起きている。3・11の約1カ月前にも、三陸沖で観測されていた。それだけに気になる現象である。

 実際に房総沖では2002年、07年、11年にもスロー地震が別の地震を呼び込んでいる。07年8月に発生したときは、ほぼ同時に震度5弱の揺れが襲っているし、11年は約1カ月後に震度4の地震が起きた。元東大地震研究所准教授の佃為成氏が言う。

「この現象は千葉で多く観測されていますが、問題は“間隔”が短くなっていることです。11年は過去最短の4年2カ月で観測されました。それが、今回は2年3カ月と極端に短い。それだけに不気味です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る