街灯、看板が犯人を呼び寄せる…「防犯の常識」は実は逆効果

公開日: 更新日:

 札幌市の9歳女児や相模原市の11歳女児など、子供が連れ去られる事件が後を絶たない。女性を狙った痴漢や性犯罪もなかなか減らないが、「犯罪は予測できる」の著者で立正大教授の小宮信夫氏(犯罪学)は興味深い指摘をしている。防犯のために善かれと思ってやっていることが実は、逆効果のことが多いというのだ。

■犯人を呼び寄せる街灯

 例えば06年に川崎市で発生した女性刺殺事件では、周辺に暗い道路があったのに、71基の蛍光灯がともるトンネル内で事件は起こった。

「暗ければ、顔立ちや体格が好みに合うかどうかを確認できないし、犯行後の逃走も難しい。犯人が選ぶのは、ターゲットを確認できる明るい場所なのです。そのため、『あそこは危ないから』と街灯をつけるのは逆効果。わざわざ犯行しやすくしてやっているようなものだし、『本来は危ない場所なんだ』という通行人の警戒心も緩めてしまいます」(小宮氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

もっと見る