• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

街灯、看板が犯人を呼び寄せる…「防犯の常識」は実は逆効果

 札幌市の9歳女児や相模原市の11歳女児など、子供が連れ去られる事件が後を絶たない。女性を狙った痴漢や性犯罪もなかなか減らないが、「犯罪は予測できる」の著者で立正大教授の小宮信夫氏(犯罪学)は興味深い指摘をしている。防犯のために善かれと思ってやっていることが実は、逆効果のことが多いというのだ。

■犯人を呼び寄せる街灯

 例えば06年に川崎市で発生した女性刺殺事件では、周辺に暗い道路があったのに、71基の蛍光灯がともるトンネル内で事件は起こった。

「暗ければ、顔立ちや体格が好みに合うかどうかを確認できないし、犯行後の逃走も難しい。犯人が選ぶのは、ターゲットを確認できる明るい場所なのです。そのため、『あそこは危ないから』と街灯をつけるのは逆効果。わざわざ犯行しやすくしてやっているようなものだし、『本来は危ない場所なんだ』という通行人の警戒心も緩めてしまいます」(小宮氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  7. 7

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  10. 10

    まだあるNEWS小山の“未成年飲酒”目撃談…六本木では有名人

もっと見る