街灯、看板が犯人を呼び寄せる…「防犯の常識」は実は逆効果

公開日: 更新日:

 札幌市の9歳女児や相模原市の11歳女児など、子供が連れ去られる事件が後を絶たない。女性を狙った痴漢や性犯罪もなかなか減らないが、「犯罪は予測できる」の著者で立正大教授の小宮信夫氏(犯罪学)は興味深い指摘をしている。防犯のために善かれと思ってやっていることが実は、逆効果のことが多いというのだ。

■犯人を呼び寄せる街灯

 例えば06年に川崎市で発生した女性刺殺事件では、周辺に暗い道路があったのに、71基の蛍光灯がともるトンネル内で事件は起こった。

「暗ければ、顔立ちや体格が好みに合うかどうかを確認できないし、犯行後の逃走も難しい。犯人が選ぶのは、ターゲットを確認できる明るい場所なのです。そのため、『あそこは危ないから』と街灯をつけるのは逆効果。わざわざ犯行しやすくしてやっているようなものだし、『本来は危ない場所なんだ』という通行人の警戒心も緩めてしまいます」(小宮氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る