• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

後絶たないストーカー犯罪 警察に取り合ってもうらうコツ

 これも一種の“ストーカー殺人”だろう。東京都青梅市の無職、岩井広祐容疑者(35)が10日、元交際相手の小林陽子さん(35)の腹や首を包丁で刺して殺害した。

「岩井は昨年10月、小林さんの武蔵村山市の自宅マンションに2週間ほど転がり込んでいたそうですが、部屋の鍵を返さないまま出て行ってしまった。仕方なく小林さんは鍵を交換し、その費用や家賃を請求したら、岩井が“逆ギレ”したようです」(捜査事情通)

 岩井は昨年「金を請求されて困っている」と青梅署に3回相談。小林さんに対する憎悪を募らせていったとみられているが、そりゃ、逆恨みってものだろう。取り調べで「昨年から機会があれば殺そうと思っていた」と話しているというから、ストーカーの典型的タイプだ。一方、小林さんも昨年から今年にかけ、東大和署に3回相談していたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る