あなたの周りの「メンヘラ女子」の見分け方

公開日:  更新日:

 彼女に「死んでくれ」と自殺をそそのかした慶応ボーイの事件。その言動は決して許されるものではないが、面倒な女に「いい加減にしてくれ」と思うことは少なからずある。

「ナンパ塾」塾長の草加大介氏が言う。

「精神的に病んでる“メンヘラ”系の痛い女子は、経験的に明らかに増えています。見た目はごくフツー。メンヘラ女子に見られるリストカットの傷痕を露出させていなければ、初対面では分かりませんよ」

 木原雅子京大准教授が行った高校生対象の調査では、女子は10%が自傷行為をしていたという。この数字が全国規模で当てはまることはないにしても、メンヘラ女子が多くいることは間違いない。慶応ボーイの彼女は、大手生保のインターンに内定していたというから、あなたの周辺でも、部下や同僚がメンヘラ女子である可能性は十分だろう。厄介なことに巻き込まれないためにも、メンヘラ女子の見分け方を頭に入れておいた方がいい。心理学が専門の明大講師・関修氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る