• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

あなたの周りの「メンヘラ女子」の見分け方

 彼女に「死んでくれ」と自殺をそそのかした慶応ボーイの事件。その言動は決して許されるものではないが、面倒な女に「いい加減にしてくれ」と思うことは少なからずある。

「ナンパ塾」塾長の草加大介氏が言う。

「精神的に病んでる“メンヘラ”系の痛い女子は、経験的に明らかに増えています。見た目はごくフツー。メンヘラ女子に見られるリストカットの傷痕を露出させていなければ、初対面では分かりませんよ」

 木原雅子京大准教授が行った高校生対象の調査では、女子は10%が自傷行為をしていたという。この数字が全国規模で当てはまることはないにしても、メンヘラ女子が多くいることは間違いない。慶応ボーイの彼女は、大手生保のインターンに内定していたというから、あなたの周辺でも、部下や同僚がメンヘラ女子である可能性は十分だろう。厄介なことに巻き込まれないためにも、メンヘラ女子の見分け方を頭に入れておいた方がいい。心理学が専門の明大講師・関修氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る