あなたの周りの「メンヘラ女子」の見分け方

公開日: 更新日:

 彼女に「死んでくれ」と自殺をそそのかした慶応ボーイの事件。その言動は決して許されるものではないが、面倒な女に「いい加減にしてくれ」と思うことは少なからずある。

「ナンパ塾」塾長の草加大介氏が言う。

「精神的に病んでる“メンヘラ”系の痛い女子は、経験的に明らかに増えています。見た目はごくフツー。メンヘラ女子に見られるリストカットの傷痕を露出させていなければ、初対面では分かりませんよ」

 木原雅子京大准教授が行った高校生対象の調査では、女子は10%が自傷行為をしていたという。この数字が全国規模で当てはまることはないにしても、メンヘラ女子が多くいることは間違いない。慶応ボーイの彼女は、大手生保のインターンに内定していたというから、あなたの周辺でも、部下や同僚がメンヘラ女子である可能性は十分だろう。厄介なことに巻き込まれないためにも、メンヘラ女子の見分け方を頭に入れておいた方がいい。心理学が専門の明大講師・関修氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  5. 5

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  6. 6

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  9. 9

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る