3年ぶり再開 常磐道「原発20キロ圏」終点まで行ってみた

公開日:  更新日:

 東電福島第1原発事故発生以来、放射線量が高くて立ち入りができなかった常磐自動車道「広野⇔常磐富岡」間(約16.4キロ)が先月22日、ほぼ3年ぶりに再開通した。

 常磐道は三郷JCTから千葉・茨城県内を北上し、福島県いわき市に入る。ここで東北道方面につながる磐越道と分岐(いわきJCT)、さらに北へ。3つ目が広野IC。

 東京からの距離は200キロ弱。ここより北は原発から20キロ圏内にスッポリ入り、絶望的な放射能汚染で現在も全町避難が続くエリア(楢葉町、富岡町、大熊町、双葉町など)。JR常磐線も広野駅止まりだ。終点の常磐富岡ICから福島第1原発まで10キロ足らず。目と鼻の先だ。

 再開通で何が変わったのか。放射能は心配ないのか。先週土曜日、常磐道を北へ向かった――。

■電光掲示板が映す放射線量

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る