• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3年ぶり再開 常磐道「原発20キロ圏」終点まで行ってみた

 東電福島第1原発事故発生以来、放射線量が高くて立ち入りができなかった常磐自動車道「広野⇔常磐富岡」間(約16.4キロ)が先月22日、ほぼ3年ぶりに再開通した。

 常磐道は三郷JCTから千葉・茨城県内を北上し、福島県いわき市に入る。ここで東北道方面につながる磐越道と分岐(いわきJCT)、さらに北へ。3つ目が広野IC。

 東京からの距離は200キロ弱。ここより北は原発から20キロ圏内にスッポリ入り、絶望的な放射能汚染で現在も全町避難が続くエリア(楢葉町、富岡町、大熊町、双葉町など)。JR常磐線も広野駅止まりだ。終点の常磐富岡ICから福島第1原発まで10キロ足らず。目と鼻の先だ。

 再開通で何が変わったのか。放射能は心配ないのか。先週土曜日、常磐道を北へ向かった――。

■電光掲示板が映す放射線量

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  7. 7

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  10. 10

    まだあるNEWS小山の“未成年飲酒”目撃談…六本木では有名人

もっと見る