震災前年と直後にも…「皆既月食」は大地震の前兆なのか

公開日: 更新日:

 15日の夜を皮切りに米国では今後1年間で4度の皆既月食が観測できる。次回の10月は日本でも見られるし、今回の月食も、東日本、北日本なら部分月食が観測できる。

 皆既月食は月と太陽、地球が一直線になる現象だ。月が赤銅色に見えるのも特徴である。しかし、心配なのは地震との関係で、武蔵野学院大特任教授・島村英紀氏(地震学)も「月と太陽の引力が地震を引き起こすことは、昔から学会などで指摘されています。特に月の引力の作用は大きい」と指摘していた。

 3・11前後の10年12月21日と11年6月16日は皆既月食だった。しかも、前年の2010年は日本で1月1日、6月26日、12月21日の3度も月食が観測され、注目されていたのだ。

「過去を調べると、月食の前後に大きな地震が起きていることが多い。ただ、日本で月食が見られたから日本で地震が起きているわけではありません。逆に日本で見られる機会は少ないとしても、米国で連続する皆既月食は日本と無関係とも言えないのです」(北陸地震雲予知研究観測所の上出孝之氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る