日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

人気の冷凍パン「ベーカーズセレクト」始まりは業務用だった

 テーブルマークの冷凍パン「ベーカーズセレクト」は2011年の発売以来、家庭向け冷凍パンの市場を開拓。本格志向の商品開発でファンを増やしている。

 クロワッサンやメロンパンなど人気のパンを揃えるベーカーズセレクト。そのおいしさの秘密は「食感」にある。
「たとえばクロワッサンならサクサク感が大事。本来の食感が出せれば、冷凍でも焼きたてのおいしさを再現できると考えた」(商品開発部主任の村上菜摘氏)

 焼きたてを急速冷凍しているので、温めるだけで「サクッサク」「ふわっふわ」の食感に。また、独自製法により解凍後のパサつきや味気なさも克服。だから自然解凍でも、冷たいままでもおいしく食べられる。冷凍パンだからこその新しい提案だ。

 始まりは業務用冷凍パンの開発だった。冷凍食品で知られる同社だが、以前よりパン酵母の研究等に取り組んでおり、またパンの製造・販売を手掛ける「サンジェルマン」もグループ内にあるなど、実は製パンにも強い。つまり、冷凍食品と製パンの2つの技術の結集が本格志向の冷凍パンを生んだ。08年に業務用の「ディライトベーカーズ」発売。その好調を受け、11年に「ベーカーズセレクト」の販売をスタートする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事