“居酒屋のおしぼり”がヒント 「めぐリズム」ヒットの秘密

公開日: 更新日:

“働き続けた目を蒸気で温める”というアプローチで展開する、花王の「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」が好調だ。07年の発売以来の累計販売数は今年9月にシリーズ全体で2200万箱を突破。メントール入りの新商品「同・気分ほぐしてシャキ」も期待通りの好スタートを切った。

 約40度の心地よい蒸気。これが「蒸気でホットアイマスク」の一番の特徴だ。開発の背景には現代人の生活習慣があった。パソコンや携帯電話などで一日中働き続ける目。その現状を前に、頭に浮かんだのが“蒸しタオルの気持ちよさ”。これを商品にできないかと考えた。

「蒸気はじんわりとした温かさ。だから気持ちいい。開発メンバーは男性も多く、“居酒屋のおしぼり”を例に挙げるとみんな納得した」(ヒューマンヘルスケア事業ユニットの森満奈美氏)

 シート型のマスクは1回使い切りで、開封により発熱するため、思い立ったらすぐ使える。心地よさとともに、そんな手軽さも人気の要因だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

もっと見る