“居酒屋のおしぼり”がヒント 「めぐリズム」ヒットの秘密

公開日:  更新日:

“働き続けた目を蒸気で温める”というアプローチで展開する、花王の「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」が好調だ。07年の発売以来の累計販売数は今年9月にシリーズ全体で2200万箱を突破。メントール入りの新商品「同・気分ほぐしてシャキ」も期待通りの好スタートを切った。

 約40度の心地よい蒸気。これが「蒸気でホットアイマスク」の一番の特徴だ。開発の背景には現代人の生活習慣があった。パソコンや携帯電話などで一日中働き続ける目。その現状を前に、頭に浮かんだのが“蒸しタオルの気持ちよさ”。これを商品にできないかと考えた。

「蒸気はじんわりとした温かさ。だから気持ちいい。開発メンバーは男性も多く、“居酒屋のおしぼり”を例に挙げるとみんな納得した」(ヒューマンヘルスケア事業ユニットの森満奈美氏)

 シート型のマスクは1回使い切りで、開封により発熱するため、思い立ったらすぐ使える。心地よさとともに、そんな手軽さも人気の要因だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る