• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大ヒットのニトムズ「コロコロ」 元は「ゴキブリ捕獲棒」だった

 粘着クリーナーの市場規模は90億円。トップを走るのはニトムズの「コロコロ」だ。シェア約5割。累計販売数は1983年の発売以来、本体約4000万本、取り換え用スペアは約4億個(2013年10月現在)にも及ぶ。

 ニトムズの前身は、工業用粘着テープなどの製造販売で知られる日東電工が、家庭向け商品に進出すべく立ち上げたプロジェクトチーム。75年に子会社として独立した。粘着テープの技術を生かした商品開発と聞けば「コロコロ」の誕生は納得だが、実は意外な秘話があった。

 それは初の目玉商品(先端に粘着シートのついたゴキブリ捕獲棒)の失敗だ。
「テレビCMまで投入したが思うように売れず、大量の在庫を抱えることに……。負債は深刻で倒産の危機。でも、その在庫を整理している女子社員が粘着テープを丸めてホコリを取っているのを見てひらめき、粘着テープによるゴミ取りを考案。コロコロ(発売時の商品名=粘着カーペットクリーナー)の開発へつながった」(経営企画部の森下里香氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る