大ヒットのニトムズ「コロコロ」 元は「ゴキブリ捕獲棒」だった

公開日: 更新日:

 粘着クリーナーの市場規模は90億円。トップを走るのはニトムズの「コロコロ」だ。シェア約5割。累計販売数は1983年の発売以来、本体約4000万本、取り換え用スペアは約4億個(2013年10月現在)にも及ぶ。

 ニトムズの前身は、工業用粘着テープなどの製造販売で知られる日東電工が、家庭向け商品に進出すべく立ち上げたプロジェクトチーム。75年に子会社として独立した。粘着テープの技術を生かした商品開発と聞けば「コロコロ」の誕生は納得だが、実は意外な秘話があった。

 それは初の目玉商品(先端に粘着シートのついたゴキブリ捕獲棒)の失敗だ。
「テレビCMまで投入したが思うように売れず、大量の在庫を抱えることに……。負債は深刻で倒産の危機。でも、その在庫を整理している女子社員が粘着テープを丸めてホコリを取っているのを見てひらめき、粘着テープによるゴミ取りを考案。コロコロ(発売時の商品名=粘着カーペットクリーナー)の開発へつながった」(経営企画部の森下里香氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  7. 7

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  8. 8

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る