売上9割超がハンコの「シヤチハタ」がヒットさせた鉛筆削り

公開日: 更新日:

「シヤチハタ」といえばネームスタンプの代名詞。大正14年に名古屋で創業したきっかけも、インキを補充せず連続して使える「万年スタンプ台」を開発したからだ。

 それが近ごろ、ハンコとは全く関係ない商品で注目を集めている。それは“鉛筆削り”。ペットボトルに取り付けて使う「ケズリキャップ」が、2年前の5月に発売されて大ヒット。

「最初は、正直売れると思いませんでした」と頭をかくのは、量販部の営業マン、一丸昌央さん(30)だ。

「だってうちは9割以上の売り上げがハンコ関連商品の会社ですよ。子どもにも受け入れられる商品をというのはわかりますが、まさか鉛筆削りとは…。得意先からも、“おたく、何屋さん?”って言われました」

 しかし使ってみれば、手も汚れず、ペットボトルのリサイクルにもなる。何より、子どもたちの勉強嫌いの解消にも役立つのでは? そう考えた一丸さんは、心機一転、積極的に問屋や量販店などに売り込みをかける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  6. 6

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  7. 7

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

もっと見る