売上9割超がハンコの「シヤチハタ」がヒットさせた鉛筆削り

公開日: 更新日:

「シヤチハタ」といえばネームスタンプの代名詞。大正14年に名古屋で創業したきっかけも、インキを補充せず連続して使える「万年スタンプ台」を開発したからだ。

 それが近ごろ、ハンコとは全く関係ない商品で注目を集めている。それは“鉛筆削り”。ペットボトルに取り付けて使う「ケズリキャップ」が、2年前の5月に発売されて大ヒット。

「最初は、正直売れると思いませんでした」と頭をかくのは、量販部の営業マン、一丸昌央さん(30)だ。

「だってうちは9割以上の売り上げがハンコ関連商品の会社ですよ。子どもにも受け入れられる商品をというのはわかりますが、まさか鉛筆削りとは…。得意先からも、“おたく、何屋さん?”って言われました」

 しかし使ってみれば、手も汚れず、ペットボトルのリサイクルにもなる。何より、子どもたちの勉強嫌いの解消にも役立つのでは? そう考えた一丸さんは、心機一転、積極的に問屋や量販店などに売り込みをかける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  2. 2

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    元SMAPで独り勝ち キムタクが歩むジャニーズ大幹部への道

  8. 8

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  9. 9

    落合は「絶対に当てないから大丈夫」と涼しい顔で言った

  10. 10

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る