刻み続けて128年<中野>

公開日: 更新日:

 新中野からくねくね。中野区には「昭和」の古い街並みが残っているので、住宅街の中を歩いているだけで楽しい。ワケのわからない古道具が満載の店や、だれが買うのか首をかしげる古ぼけた洋服を置いている衣料店が突然出てきて、飽きない。

 中野駅南口に続く商店街で、大通りからそれようと、緩い坂のわき道へ。道なりに歩くと、飲み屋が密集した小道があった。面白そうと入ったが、すぐに抜けてしまい拍子抜け。あーあ、と思った先に「創業明治19年」と書かれた店を見つける。

 中には、一心に何かを彫っている男性。右側に座っていた若い男性が、「どういったものをお探しですか?」と対応してくれた。
「今はどこでも機械彫りですが、ウチは全て手彫り。この2000円のもそうですよ」

 ここ「芭蕉堂印房」は、創始者が日本で初めて彫刻ゴム印を発明したすごい人だった。たまたま入ったのに、こんな出会いがあるから、散歩は面白い、やめられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る