刻み続けて128年<中野>

公開日:  更新日:

 新中野からくねくね。中野区には「昭和」の古い街並みが残っているので、住宅街の中を歩いているだけで楽しい。ワケのわからない古道具が満載の店や、だれが買うのか首をかしげる古ぼけた洋服を置いている衣料店が突然出てきて、飽きない。

 中野駅南口に続く商店街で、大通りからそれようと、緩い坂のわき道へ。道なりに歩くと、飲み屋が密集した小道があった。面白そうと入ったが、すぐに抜けてしまい拍子抜け。あーあ、と思った先に「創業明治19年」と書かれた店を見つける。

 中には、一心に何かを彫っている男性。右側に座っていた若い男性が、「どういったものをお探しですか?」と対応してくれた。
「今はどこでも機械彫りですが、ウチは全て手彫り。この2000円のもそうですよ」

 ここ「芭蕉堂印房」は、創始者が日本で初めて彫刻ゴム印を発明したすごい人だった。たまたま入ったのに、こんな出会いがあるから、散歩は面白い、やめられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る