連日「運動中止レベル」 東京五輪はほとんど猛暑日になる

公開日: 更新日:

<晴れる日が多く、温暖でアスリートに理想的>

 都は五輪招致の際、7、8月の都内の気候を立候補ファイルにそう明記したが、冗談じゃない。

■真夏の夜は気温が下がっても湿度が上がる

 東京では、7月24日から6日間連続で最高気温30度以上の真夏日を記録。うち5日間は、日本体育協会の熱中症予防運動指針で「厳重警戒(激しい運動は中止)」とされる気温31度を超えた。つまり、とても昼間に競技ができる環境ではないのだ。
 しかも気象庁のデータは風通しの良い日陰で観測される。「炎天下の屋外競技場なら、発表データより5度以上は高い」(森朗氏)というから、競技場はガラガラで棄権者が続出という事態も十分予想される。
 仮に競技時間を夜に変更しても、解決にはならない。

「真夏の都心部は夜に気温が下がっても、逆に湿度が上がります。気温が30度以下でも、湿度が60%以上だと、熱中症の危険性は猛暑の昼間と変わりません」(森朗氏)

 五輪組織委員会に、大会期間中の暑さ対策について聞くと「具体的には何も決まっていない、これから検討する」とのこと。
 6年先のこととはいえ、選手と観客の命に関わる問題なのにのんきなもの。酷暑を理由に、五輪返上なんてことにならなきゃいいが…。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    トイレに隠しカメラ7台、盗撮画像はスマホ640台分!知人女性も狙われた27歳大学生の性癖

    トイレに隠しカメラ7台、盗撮画像はスマホ640台分!知人女性も狙われた27歳大学生の性癖

  2. 2
    エンゼルス大谷の活躍にメジャーで「二刀流転向」希望者が続々

    エンゼルス大谷の活躍にメジャーで「二刀流転向」希望者が続々

  3. 3
    大谷翔平リーグ首位15敬遠の深層…「日本人ホームラン王」を望まないアメリカ人と中南米選手の本音

    大谷翔平リーグ首位15敬遠の深層…「日本人ホームラン王」を望まないアメリカ人と中南米選手の本音

  4. 4
    <68>早貴被告のAV出演歴はなぜ分かった…写真でしか見たことない女性をどう発見?

    <68>早貴被告のAV出演歴はなぜ分かった…写真でしか見たことない女性をどう発見?

  5. 5
    定年後に住むなら「持ち家」か「賃貸」か…どっちが得?

    定年後に住むなら「持ち家」か「賃貸」か…どっちが得?

もっと見る

  1. 6
    知らないと月3万円を損する年金世帯の暮らし方 要介護の親と同居の現役世代も必読

    知らないと月3万円を損する年金世帯の暮らし方 要介護の親と同居の現役世代も必読

  2. 7
    日本製鉄「呉製鉄所」閉鎖で職を失う従業員は約1500人 呉市の税収にも大きな影響が

    日本製鉄「呉製鉄所」閉鎖で職を失う従業員は約1500人 呉市の税収にも大きな影響が

  3. 8
    極貧打・V逸巨人の仁義なき大補強! “強奪標的”は好物の中日優良助っ人「主砲ビシエド」

    極貧打・V逸巨人の仁義なき大補強! “強奪標的”は好物の中日優良助っ人「主砲ビシエド」

  4. 9
    33歳で「英国で最も若いおばあちゃん」に! 17歳の娘が女の子を出産

    33歳で「英国で最も若いおばあちゃん」に! 17歳の娘が女の子を出産

  5. 10
    岸田政権不人気!自民が頭を抱える“甘利ファクター”の破壊力、衆院選まさかの単独過半数割れも

    岸田政権不人気!自民が頭を抱える“甘利ファクター”の破壊力、衆院選まさかの単独過半数割れも