エルニーニョでも猛暑? 専門家が警告「おかしな気象続く」

公開日:  更新日:

 都心は桜が満開で、日中は汗ばむことも少なくない。この時季は気温がグンと上がり、毎年、GWごろには夏のように暑くなったりする。もう去年のような砂漠並みの猛暑はウンザリだが、気象予報士の森田正光氏はこう予想する。

「この夏は、南アメリカのペルー沖の海面水温が上昇するエルニーニョ現象の発生が予想されています。エルニーニョの年は、夏の暑さをもたらす太平洋高気圧の張り出しが抑えられて、日本の南に下がる。湿った南風が日本列島に吹き込みにくくなり、冷夏になりやすいのです」

 予報通り冷夏になれば11年ぶりのこと。久しぶりに涼しい夏を楽しむのも悪くはないだろう。
 しかし、2月に東京は2週連続で大雪に襲われた。気象の常識では考えられないような異常気象が起こる時代だ。通説が覆される恐れがあるという。

■不穏な「エルニーニョモドキ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る