ヤマダ電機参入で過熱 格安スマホは「イオン」が買い

公開日: 更新日:

 ヤマダ電機の参入によって「格安スマホ」戦争は過熱の一途だ。今年4月発売の「イオンのスマートフォン」(月額2980円=税別)がシニア層に受け、限定8000台が約1カ月で完売。その後、家電販売店大手が続々と発売している。
 ドコモやauなど大手キャリアーの月額使用料は7000円前後だが、格安スマホなら2000~3000円と半額以下に抑えられる。

「月間のデータ通信料は大手の7GBに比べ、1GB。少なく感じますが、メールやLINE、ウェブ検索や乗り換え案内を見るくらいなら、1GBもあれば十分です。ただ、3大キャリアーのような家族間割引などはないため、通話の多い人には勧められません。LINEやネット検索専門に、ガラケーと2台持ちしたい方にはオススメです」(スマホ評論家の新田ヒカル氏)

■ビックカメラはハイスペック

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

  5. 5

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  6. 6

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  7. 7

    水害に遭ったら…片付けと清掃作業の手順に「6つの要点」

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道 強まるノ・ミヌ側の“売名行為”リーク説

  9. 9

    手越祐也の活躍にジャニーズ歯噛み?「嵐超え」も射程圏内

  10. 10

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

もっと見る