• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イオンの戦略的中で続々 高齢者にバカ売れ「格安スマホ」

 流通大手のイオンが4月4日に限定8000台で発売した、月額2980円ぽっきりの格安スマホ。すでに7000台が売れ、完売も時間の問題だという。

 契約者の6割が60代以上だったと8日報じられ、驚きの声があがったが、イオンにしたら狙い通りの結果だった。

「年配の顧客から、イオンで売っていた格安のSIMカードが使えるスマホがほしいという声が多く出ていて、それに応えるべく発売したのが今回の格安スマホです。高齢のお客さんが欲しいものを提供したのですから、売れて当然です」(ITジャーナリストの井上トシユキ氏)

■2000円商品も登場

 若いサラリーマン客が中心のビックカメラが4月18日に発売した格安スマホ「フリーフォン」が、40~50代に売れたのも、同じ道理だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  9. 9

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る