ヤマダ電機参入で過熱 格安スマホは「イオン」が買い

公開日:  更新日:

 気になるのは、各社の性能の違いだ。新田氏にオススメのスマホを紹介してもらった。

 値段と機能を含めイチ押しはイオンだ。

「先月4日発売の第2弾は、通信費・端末代込みで月額1980円(税別)。他社よりも、1000円ほど安い。LTE(高速データ通信サービス)は非対応ですが、一般ユーザーには“体感”としてあまり不自由を感じません。端末は5インチ、カメラは500万画素で、一般のスマホと遜色ない」

 ビックカメラが6月中旬から発売中の「StarQ Q5001」(月額2830円=税別)は、端末がハイスペックなのがウリ。

「LTEは非対応ながら、端末は5インチ、解像度は1280×720で、一般のスマホに劣らない。カメラは800万画素です。格安スマホは通常、申し込みから使用できるまで1週間ほどかかります。東京・有楽町店では、即日使える態勢を整えています」

 ヨドバシカメラは、数種類の端末(安いもので1万円くらい)から自由に選べる。ヤマダ電機は、端末代と、動画を7時間半視聴できる1GB分の通信料を含めて月額3047円から。だが、機能などは他社に比べ目新しさはないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る