子供のトラブル 親の謝罪は「当日のアポ入れ」が最重要

公開日: 更新日:

 佐世保のように友達を殺してしまうケースは極端としても、子供が友達にケガを負わせたり、周りの物を壊したりすることは少なからずあって、賠償や慰謝料を要求されたりする。親としてどう対応し、謝罪すればいいのか。

 自分の子供が学校の友達に軽いケガを負わせたとする。しかし、個人情報保護法下の今、クラス名簿がないことが多く、相手の住所や連絡先が分からないことが少なくない。

 危機管理コンサルタントの田中辰巳氏が言う。

「学校で先生に相談し、ケンカの原因や状況を聞き、事情を客観的に把握してから、『今日のうちに相手の両親に謝罪したい』と住所と電話番号を教えてもらうのです。ケンカの原因にもよりますが、先生に仲立ちしてもらうといいケースもあります」

 相手先を訪ねるときはまず自宅か親の携帯に電話し、「ウチの子供がお子さんにケガを負わせてしまって申し訳ありません。おわびに伺いたいのですが」と伝えてから。これが最も重要だ。相手が共働きならなおさらで、指定の時間に出向く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  5. 5

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  8. 8

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  9. 9

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  10. 10

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る