拡大必至の「デング熱」 代々木公園に近い繁華街は要注意

公開日:  更新日:

「10年前からデング熱の国内感染を恐れ、警鐘を鳴らしてきました」

 こう言うのは、熱帯医学に詳しい人間総合科学大教授の藤田紘一郎氏。70年ぶりに確認されたデング熱の国内感染者が10代女性に続き、20代の男女にも広がったことを受けての発言だ。

 3人は都内の学校に通う同級生。秋の学園祭に向け、ダンス練習をしていた代々木公園で感染したとみられる。東京都はデング熱を媒介するヒトスジシマカを駆除するため、公園に殺虫剤を散布。“撲滅作戦”を実施したが、危ないのは公園だけではない。

「デング熱は、ヒトスジシマカが感染者の血液を吸って別の人を刺し、ウイルスを注入して2次感染を起こします。人から人には感染しません。私が研究で何度も訪れたインドネシアやタイ、フィリピン、インドなどは患者数が特に多い。そういうエリアで感染が広がるのは、決まって人が行き交う都市部の繁華街。代々木公園に近い渋谷や原宿、新宿は要注意です」(藤田氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る