拡大必至の「デング熱」 代々木公園に近い繁華街は要注意

公開日: 更新日:

「10年前からデング熱の国内感染を恐れ、警鐘を鳴らしてきました」

 こう言うのは、熱帯医学に詳しい人間総合科学大教授の藤田紘一郎氏。70年ぶりに確認されたデング熱の国内感染者が10代女性に続き、20代の男女にも広がったことを受けての発言だ。

 3人は都内の学校に通う同級生。秋の学園祭に向け、ダンス練習をしていた代々木公園で感染したとみられる。東京都はデング熱を媒介するヒトスジシマカを駆除するため、公園に殺虫剤を散布。“撲滅作戦”を実施したが、危ないのは公園だけではない。

「デング熱は、ヒトスジシマカが感染者の血液を吸って別の人を刺し、ウイルスを注入して2次感染を起こします。人から人には感染しません。私が研究で何度も訪れたインドネシアやタイ、フィリピン、インドなどは患者数が特に多い。そういうエリアで感染が広がるのは、決まって人が行き交う都市部の繁華街。代々木公園に近い渋谷や原宿、新宿は要注意です」(藤田氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  5. 5

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  6. 6

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  7. 7

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    みずほFG元会長がNHK次期会長に “リベンジ選任”の仰天理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る