日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

70年ぶり騒ぎも…デング熱「国内感染」とっくに起きていた?

 埼玉県に住む10代後半女性が海外渡航歴がないのにデング熱に感染した問題。「国内感染は70年ぶり」と大騒ぎになっているが、28日には、新たに埼玉県の20代女性と東京都の20代男性が感染していたことが分かった。やはり海外渡航歴はなかったが、10代女性の知り合いだという。

 20代女性の症状は安定しているというが、10代女性と20代男性は病院に入院中だ。実は、専門家の間では以前から「いつ国内感染が起きても不思議じゃない」と話題になっていたという。

「日本にも、デング熱を媒介できるヒトスジシマカという蚊が存在するため、海外からデング熱を持ち込めば、国内感染するリスクは十分にあった。ただ、デング熱は風邪などと判別するのが難しく、海外渡航歴がないというだけで『デング熱ではない』と決めつけられがちです。すでに他にも国内感染が起きていると思います」(医療関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事