「デング熱」国内3人 東京五輪までに“新たな感染症”蔓延も

公開日: 更新日:

 どこまで感染は広がっていくのか。70年ぶりに国内感染が確認されたデング熱。28日には都内在住の男性と埼玉県在住の女性が新たに感染したことが判明した。これで国内感染者は3人。いずれも東京・代々木公園で“蚊”に刺されたとみられている。

「蚊の生息分布は気温との密接な関係があります。国際機関『気候変動に関する政府間パネル』は、2100年には世界の平均気温が4度前後上昇する可能性を指摘しています。日本でも生息分布が広がったり、暑い時季が長くなることで寿命が延びることも考えられる」(環境省地球温暖化対策課)

 どうやら、日本の温暖化が進んだことで、デングウイルスを媒介するヒトスジシマカも増えているらしい。怖いのは、デング熱以外の病気も蔓延する恐れがあることだ。

「デング熱の他にも蚊が媒介する病気はあります。ヒトスジシマカが媒介するチクングニア熱、イエカが媒介するウエストナイル熱が代表的です。ごく少数ではありますが、マラリアや日本脳炎を発症するケースも考えられる」(厚生労働省結核感染症課)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  2. 2

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  3. 3

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  4. 4

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  5. 5

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  6. 6

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  7. 7

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  8. 8

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  9. 9

    安易なトランプ依存 イラン訪問で露呈した安倍外交の限界

  10. 10

    71年に夫と失踪 園田トシ子さんはイ・スンオクと名乗る

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る