• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「デング熱」国内3人 東京五輪までに“新たな感染症”蔓延も

 どこまで感染は広がっていくのか。70年ぶりに国内感染が確認されたデング熱。28日には都内在住の男性と埼玉県在住の女性が新たに感染したことが判明した。これで国内感染者は3人。いずれも東京・代々木公園で“蚊”に刺されたとみられている。

「蚊の生息分布は気温との密接な関係があります。国際機関『気候変動に関する政府間パネル』は、2100年には世界の平均気温が4度前後上昇する可能性を指摘しています。日本でも生息分布が広がったり、暑い時季が長くなることで寿命が延びることも考えられる」(環境省地球温暖化対策課)

 どうやら、日本の温暖化が進んだことで、デングウイルスを媒介するヒトスジシマカも増えているらしい。怖いのは、デング熱以外の病気も蔓延する恐れがあることだ。

「デング熱の他にも蚊が媒介する病気はあります。ヒトスジシマカが媒介するチクングニア熱、イエカが媒介するウエストナイル熱が代表的です。ごく少数ではありますが、マラリアや日本脳炎を発症するケースも考えられる」(厚生労働省結核感染症課)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る