「デング熱」国内3人 東京五輪までに“新たな感染症”蔓延も

公開日: 更新日:

 どこまで感染は広がっていくのか。70年ぶりに国内感染が確認されたデング熱。28日には都内在住の男性と埼玉県在住の女性が新たに感染したことが判明した。これで国内感染者は3人。いずれも東京・代々木公園で“蚊”に刺されたとみられている。

「蚊の生息分布は気温との密接な関係があります。国際機関『気候変動に関する政府間パネル』は、2100年には世界の平均気温が4度前後上昇する可能性を指摘しています。日本でも生息分布が広がったり、暑い時季が長くなることで寿命が延びることも考えられる」(環境省地球温暖化対策課)

 どうやら、日本の温暖化が進んだことで、デングウイルスを媒介するヒトスジシマカも増えているらしい。怖いのは、デング熱以外の病気も蔓延する恐れがあることだ。

「デング熱の他にも蚊が媒介する病気はあります。ヒトスジシマカが媒介するチクングニア熱、イエカが媒介するウエストナイル熱が代表的です。ごく少数ではありますが、マラリアや日本脳炎を発症するケースも考えられる」(厚生労働省結核感染症課)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

  9. 9

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 10

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

もっと見る