一人旅のOL、女子大生がワンサカ…そうだ熱海に行こう!

公開日: 更新日:

 昔は“日本のハワイ”と呼ばれた静岡県の熱海市。ピーク時の1969(昭和44)年には年間530万人もの宿泊客で賑わったが、バブル崩壊後はさびれていく一方だった。そんな熱海に活気が戻りつつある――。

 先週の日曜日のJR熱海駅前平和通り商店街。干物や温泉まんじゅうの店に人垣ができている。中でも目立つのが、学生サークルの団体や女性4人組などの20代の若者たちだ。

 昨年(2013年)の熱海温泉の宿泊客数は283万4663人で前年比7・4%増。2年連続の増加となった。熱海市観光経済課の山田久貴氏がこう言う。

「最近目立つのは、女性の一人旅の姿です。かつての熱海といえば、社員旅行など団体客の宴会がメーンでしたが、今は温泉で癒やされたいという人が中心。一人旅用の旅行プランも充実しています。また、バブル崩壊で多くの企業が保養所を閉鎖しましたが、これらの施設が、学生たちが合宿などに利用できる安価な宿泊施設に生まれ変わっているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る