• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

一人旅のOL、女子大生がワンサカ…そうだ熱海に行こう!

 昔は“日本のハワイ”と呼ばれた静岡県の熱海市。ピーク時の1969(昭和44)年には年間530万人もの宿泊客で賑わったが、バブル崩壊後はさびれていく一方だった。そんな熱海に活気が戻りつつある――。

 先週の日曜日のJR熱海駅前平和通り商店街。干物や温泉まんじゅうの店に人垣ができている。中でも目立つのが、学生サークルの団体や女性4人組などの20代の若者たちだ。

 昨年(2013年)の熱海温泉の宿泊客数は283万4663人で前年比7・4%増。2年連続の増加となった。熱海市観光経済課の山田久貴氏がこう言う。

「最近目立つのは、女性の一人旅の姿です。かつての熱海といえば、社員旅行など団体客の宴会がメーンでしたが、今は温泉で癒やされたいという人が中心。一人旅用の旅行プランも充実しています。また、バブル崩壊で多くの企業が保養所を閉鎖しましたが、これらの施設が、学生たちが合宿などに利用できる安価な宿泊施設に生まれ変わっているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  6. 6

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  7. 7

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  8. 8

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  9. 9

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  10. 10

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

もっと見る