一人旅のOL、女子大生がワンサカ…そうだ熱海に行こう!

公開日: 更新日:

 昔は“日本のハワイ”と呼ばれた静岡県の熱海市。ピーク時の1969(昭和44)年には年間530万人もの宿泊客で賑わったが、バブル崩壊後はさびれていく一方だった。そんな熱海に活気が戻りつつある――。

 先週の日曜日のJR熱海駅前平和通り商店街。干物や温泉まんじゅうの店に人垣ができている。中でも目立つのが、学生サークルの団体や女性4人組などの20代の若者たちだ。

 昨年(2013年)の熱海温泉の宿泊客数は283万4663人で前年比7・4%増。2年連続の増加となった。熱海市観光経済課の山田久貴氏がこう言う。

「最近目立つのは、女性の一人旅の姿です。かつての熱海といえば、社員旅行など団体客の宴会がメーンでしたが、今は温泉で癒やされたいという人が中心。一人旅用の旅行プランも充実しています。また、バブル崩壊で多くの企業が保養所を閉鎖しましたが、これらの施設が、学生たちが合宿などに利用できる安価な宿泊施設に生まれ変わっているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    FA市場の大物が売れ残る背景…“格下”より低い金額を拒否

  9. 9

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  10. 10

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

もっと見る