東京多摩市の環状交差点「ラウンドアバウト」を走ってみた

公開日: 更新日:

 9月1日に施行された改正道交法で、信号のない円形の交差点「環状交差点」(ラウンドアバウト)の本格運用が全国34カ所で始まった。事故の軽減が期待される一方、走り慣れていないゆえの戸惑いもある。朝の情報番組「あさチャン!」(TBS系)の斎藤孝キャスターも「ずっとぐるぐるしちゃったり」と不安を口にしていた。実際に走ってみると――。

 新タイプの交差点は、円形状から「ぐるぐる道路」「ドーナツ道路」などの呼び名がある。駅前ロータリーを思い浮かべれば話は早いが、ロータリーが常に左側にいる車両が優先なのに対し、環状交差点は違う。改正道交法により、「交差点内を回っている車」が優先される。これがロータリーとの一番の違いだ。

 警察庁によると、交通事故の54%が交差点内(12年)で起きており、環状交差点の導入で大幅な事故軽減が期待される。というのも、海外では従来より3~6割も事故発生が抑えられているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    杏にのしかかる東出不倫の代償5億円 映画再撮で離婚に拍車

  10. 10

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る