東京多摩市の環状交差点「ラウンドアバウト」を走ってみた

公開日: 更新日:

 9月1日に施行された改正道交法で、信号のない円形の交差点「環状交差点」(ラウンドアバウト)の本格運用が全国34カ所で始まった。事故の軽減が期待される一方、走り慣れていないゆえの戸惑いもある。朝の情報番組「あさチャン!」(TBS系)の斎藤孝キャスターも「ずっとぐるぐるしちゃったり」と不安を口にしていた。実際に走ってみると――。

 新タイプの交差点は、円形状から「ぐるぐる道路」「ドーナツ道路」などの呼び名がある。駅前ロータリーを思い浮かべれば話は早いが、ロータリーが常に左側にいる車両が優先なのに対し、環状交差点は違う。改正道交法により、「交差点内を回っている車」が優先される。これがロータリーとの一番の違いだ。

 警察庁によると、交通事故の54%が交差点内(12年)で起きており、環状交差点の導入で大幅な事故軽減が期待される。というのも、海外では従来より3~6割も事故発生が抑えられているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る