日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

円安加速6年ぶり109円台 「外貨預金」今から間に合うか?

 ほんの1、2カ月前にドル預金を始めた人でもニンマリしているんじゃないだろうか――。是非はさておき、円安が加速している。19日の円相場は一時、約6年ぶりに1ドル=109円台半ばに。7月の101円台で1万ドル預金していたら、手数料抜きの単純計算で8万円の得だ。

 こんなだから、外貨預金に興味津々の方もいるようだが、果たして今からでも間に合うのか。「外貨預金で儲けようと思ったら、結局は手数料を差し引いてどうか、です」とは、経済ジャーナリストの荻原博子氏。

 仮に、預け入れにも、引き出しにも、1ドルにつき2円の手数料がかかるとする。1ドル=109円で1万ドル預けようと思ったら、手数料2万円が必要になり、111万円かかる。この先、109円台のままだったら、引き出す時にまた2万円かかり、107万円しか戻ってこない。差し引き4万円の損だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事