• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

円安加速6年ぶり109円台 「外貨預金」今から間に合うか?

 ほんの1、2カ月前にドル預金を始めた人でもニンマリしているんじゃないだろうか――。是非はさておき、円安が加速している。19日の円相場は一時、約6年ぶりに1ドル=109円台半ばに。7月の101円台で1万ドル預金していたら、手数料抜きの単純計算で8万円の得だ。

 こんなだから、外貨預金に興味津々の方もいるようだが、果たして今からでも間に合うのか。「外貨預金で儲けようと思ったら、結局は手数料を差し引いてどうか、です」とは、経済ジャーナリストの荻原博子氏。

 仮に、預け入れにも、引き出しにも、1ドルにつき2円の手数料がかかるとする。1ドル=109円で1万ドル預けようと思ったら、手数料2万円が必要になり、111万円かかる。この先、109円台のままだったら、引き出す時にまた2万円かかり、107万円しか戻ってこない。差し引き4万円の損だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る