“ナッツ・リターン”で座席拘束も 気をつけたい「機中マナー」

公開日: 更新日:

「ナッツ・リターン」で世界の人々を呆れさせた大韓航空の趙顕娥・前副社長(40)。先週はタイの航空機内で、中国人が客室乗務員にカップラーメンの熱湯をかける事件を起こしている。海外旅行や帰省で飛行機を多く利用する時期だが、機内の迷惑行為には十分に気を付けたい。

「お客さまの以下の行為に対し、航空法第73条の4第5項に基づき、当該行為を反復、または継続してはならないと命令します」
 泥酔して大騒ぎする客に、客室乗務員が声も高らかに機長名で禁止命令書を読み上げ、文書を本人に手渡す。それでも迷惑行為をやめないと、機長の判断で座席に拘束されたり、緊急着陸、警察への通報手段が取られる。罰金は、最高50万円だ。酔っていようがいまいが関係なく、受けた損害を航空会社から請求されることもある。

 ナッツの出し方に激怒して大暴れした大韓航空機の前副社長も、日本の航空法なら座席に縛られているところだった。トイレで隠れてたばこを吸ったり、離着陸時に座席の背もたれやテーブルを戻さないと、客室乗務員がすっ飛んでくる恐れがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  8. 8

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  9. 9

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  10. 10

    小室圭さん突然文書を発表…“言い訳&反論”でケジメなるか

もっと見る