鍋シーンを一変させた「煮込みラーメン」大ヒットの仕掛け

公開日:  更新日:

 鍋の季節の新定番といえば、永谷園の「煮込みラーメン」シリーズだ。野菜も入れて鍋料理のようにつくるラーメンは、“煮込んでもコシがある麺”の食感がうけ大ヒット。1993年の発売以来の累計販売食数は5億2000万に及ぶ。

 当時は孤食ブームの時代。だからこそ、家族だんらんのラーメンを開発した。

「食卓を囲みあたたかい鍋物をつつく時間。子どもが好きなラーメンを入れれば、家族みんなで楽しめると考えた」(研究・開発本部の竹内陽子氏)

 ただし、うどんやぞうすいのように、最後のシメではない。鍋のはじめから麺を入れ、野菜や肉と一緒に食べる。あくまでラーメンが主役だ。そのため、生麺を丸2日かけてじっくり乾燥させてつくる、煮込んでものびない麺を独自に開発。93年、「煮込みラーメン」が誕生した。当時は一年中販売したため春夏の需要が少なく、いったん生産を終了するも、毎年寒くなると根強いファンから問い合わせが多く集まり復活。03年、秋冬限定(8月~3月)で発売を再開する。結果は大反響。今度は見事に時代の嗜好と合致し、売り上げを伸ばした。もっとも、いまにつながる鍋料理としての訴求はもう少しあと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る