売上げ過去最高へ 旅館朝食がヒント「のりたま」長寿の理由

公開日:  更新日:

 丸美屋食品工業の「のりたま」は、ふりかけの超ロングセラー商品。今年、発売55周年を迎える。

「画期的な商品をつくろう」。その掛け声のもと寄せられたアイデアが「たまご」と「海苔」を使ったふりかけだった。ヒントとなったのは旅館の朝食だ。当時、たまごと海苔はぜいたく品。それを家庭でも手軽に楽しめるようにとの思いから、1960年「のりたま」は誕生した。鶏卵は良質なタンパク源で栄養的な価値も文句なし。ふりかけといえば魚(魚粉)の時代に、常識を覆すユニークな商品は早速人気を集めた。

 もちろんおいしさも高く評価された。開発は試行錯誤の連続だったが、たまごと合わせる素材の選定によりサクサクな乾燥たまごの顆粒化に成功。他社が簡単にはまねできないレベルの技術と味は市場において圧倒的な強さを発揮した。

 マーケティングも見事だった。63年からテレビアニメ「エイトマン」の番組スポンサーになり、CMを投入。話題沸騰の中、エイトマンシールをおまけにつけると子どもたちが殺到し、大ブレーク。倍々ゲームの勢いで売り上げを伸ばし、人気を不動のものにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る