売上げ過去最高へ 旅館朝食がヒント「のりたま」長寿の理由

公開日: 更新日:

 丸美屋食品工業の「のりたま」は、ふりかけの超ロングセラー商品。今年、発売55周年を迎える。

「画期的な商品をつくろう」。その掛け声のもと寄せられたアイデアが「たまご」と「海苔」を使ったふりかけだった。ヒントとなったのは旅館の朝食だ。当時、たまごと海苔はぜいたく品。それを家庭でも手軽に楽しめるようにとの思いから、1960年「のりたま」は誕生した。鶏卵は良質なタンパク源で栄養的な価値も文句なし。ふりかけといえば魚(魚粉)の時代に、常識を覆すユニークな商品は早速人気を集めた。

 もちろんおいしさも高く評価された。開発は試行錯誤の連続だったが、たまごと合わせる素材の選定によりサクサクな乾燥たまごの顆粒化に成功。他社が簡単にはまねできないレベルの技術と味は市場において圧倒的な強さを発揮した。

 マーケティングも見事だった。63年からテレビアニメ「エイトマン」の番組スポンサーになり、CMを投入。話題沸騰の中、エイトマンシールをおまけにつけると子どもたちが殺到し、大ブレーク。倍々ゲームの勢いで売り上げを伸ばし、人気を不動のものにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  9. 9

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  10. 10

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

もっと見る