カルビー「サッポロポテト」“たべる野菜ジュース”で再ブレーク

公開日: 更新日:

 カルビーの“やさいスナック”として知られる「サッポロポテト」に注目だ。9種類の野菜が入った「つぶつぶベジタブル」と、野菜と一緒に肉を練り込んだ「バーベQあじ」はどちらも個性派。コンセプトどおりの味わいが人気のロングセラー商品である。

 サッポロポテトは1972年、「じゃがいもをまるごと使った、じゃがいもの味がするスナックをつくりたい」との思いから誕生した。ヒントとなったのは、当時すでに大ヒットしていた「かっぱえびせん」(64年発売)。

「小麦粉の生地にエビを練り込むかっぱえびせんに対し、サッポロポテトは小麦粉の生地にじゃがいもを練り込む。製法が同じことから、当初は姉妹品として発売した」(マーケティング本部の茅原良子氏)

 カルビー初のじゃがいもベースのスナックは大反響。瞬く間に人気商品となった。これを受け、今度は「肉を使ったスナック」を開発。74年、「サッポロポテト バーベQあじ」の誕生だ。スナックといえば塩味の時代、これまでにない濃いめの味は爆発的な売れ行きを見せた。その勢いに押されたかのようにプレーンなサッポロポテトはやや低迷。だがやがて、今につながる転機が訪れる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    阪神ドラ1佐藤輝が心配 使い切れなければプロ野球界の損失

  10. 10

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

もっと見る