早くも「Apple Watch」狂騒曲…ユーザーの意見は“真っ二つ”に

公開日: 更新日:

 米アップルが3月10日、注目の腕時計型新ハード「Apple Watch」の詳細を発表した。ネット上では「欲しい」「いらない」と意見が真っ二つ。社員全員への導入を検討する企業も現れるなど、早くも“狂騒曲”が始まっている。

 この日の新製品発表会では、CEOのティム・クック氏(54)らが登壇し、MacBook Air(11・13インチ)やMacBook Pro Retina(13インチ)、全重量が約900グラムに軽量された新MacBook(12インチ)を紹介。

 満を持して発表された「Apple Watch」は、心拍数やユーザーが動いている時間、静止している時間の測定が可能なほか、音楽再生やiPhoneと連動してSNSやメールの通知も確認できる便利機能を備える。ウェアラブル端末のネックとされていた、バリエーションも豊富だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る